スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武田邦彦 氏(中部大学)のHPをリンクに追加しました。

武田邦彦 氏(中部大学)のHPをリンクに追加しました。
http://takedanet.com/

武田邦彦(wikipedia)
を見て頂くとわかりますが独自の主張を色々とされており、原発がらみの主張もある意味で異端として扱われてきたと理解しています。

ただ最近のHPを見ると放射能に汚染された食品について、多くの意見を表明されておりこのブログをご覧になる方のニーズに適うのではないかと判断しました。

震災後のTVへの出演動画もあります。
(以前に期間限定で掲載したものと同じです)

おそらく3/15放送






この動画で問題になっている高濃度汚染水は大量に海に流出しました。
魚への放射能の影響はないのか?(当ブログ記事)
放射性物質は魚介類の体内で濃縮される可能性が高い(当ブログ記事)

以下動画コメントより抜粋「東南の風が時々吹くので、福島原発から福島市に至るベルト地帯がやられた・・・福島原発から福島市に至る土壌は当面使えない。」

(上記動画より抜粋)「間違ってるかもしれないけど防御してください」

当ブログ関連記事
何を信じればいいのか?
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

武田邦彦氏は、決して被曝の専門家ではありません。
すでにご存知かもしれませんが、食品に関して、これらの助言が出ています。
http://www.criirad.org/actualites/dossier2011/japon_bis/en_japonais/japonais.html
http://icbuw-hiroshima.org/wp-content/uploads/2011/04/322838a309529f3382702b3a6c5441a31.pdf
またこちらでは、セシウム137で50Bq/K以上大気中から汚染されたものは、ウランやプルトニウム、その他でも汚染されているので、決して食べるなとの注意が出ています。
http://llrc.org/
そして、ベクレルからシーベルトへの計算方法はこちら。
http://euradcom.org/publications/iodinedosecalc15042011.pdf

No title

続きです。
内部被曝やその他の知見が考慮されていない、政府(ICRP)発表の線量(シーベルト)を、それらが考慮されたものに変換して発ガンリスクを求める方法はこちら。
http://llrc.org/fukushima/ecrradvice.htm
食品の暫定基準値に対する厚生労働省の見解。
http://www.jca.apc.org/mihama/fukushima/mhlw_kosho110328.htm
排出作用の有る食品、被曝への対処法。
http://www.kakehashi.or.jp/?p=2267
http://www.kakehashi.or.jp/?p=2856

No title


プロフィール

Radioactivity999

Author:Radioactivity999
放射性物質で汚染された食品の情報、および放射性物質で汚染されている可能性のある食品の情報交換を目的とします。

情報をお持ちの方からの情報提供をお待ちしています。

放射能汚染食品情報への情報提供はこちら

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
広告
GFT東京支店

無料コミュニティNOEL
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。