スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射性物質は魚介類の体内で濃縮される可能性が高い

水産庁が「放射性物質は魚介類の体内では濃縮されない」とする見解を見直す可能性が出てきた。
水産庁、検査強化 「魚の体内で濃縮せぬ」の見解再検討(朝日新聞)

水銀などでは大型魚になるほど深刻な生物濃縮が起きる。
放射性物質で生物濃縮が起こらないとされる理由の一つは、魚のエラや糞尿から大部分が排出されるというものだが、本当に生物濃縮は起こらないのだろうか?

読者から提供を受けた資料によると、魚介類でも放射性物質の生物濃縮が起こる可能性は高いと言える。

海産生物と放射能―特に海産魚中の137Cs濃度に影響を与える要因について―
(財)海洋生物環境研究所(笠松不二男 氏) PDF資料 137Csはセシウム137のこと

紹介資料から抜粋した下の図を見ると、大型の魚を餌とする魚ほど生物濃縮が進む様子がわかる。


(紹介資料から引用)
一般に若い時期(体が小さい)ほど代謝速度が大きいので、放射性核種の取込み・排出速度も大きくなったものに比べ小さいものがより強い影響を受ける。
(中略)
より大型になるに従い単位体重当たりの取込み量が小さくなるが、排出速度も小さくなることから、大きさと濃度との関係は、この取込みと排出の差の種間あるいは個体間の違いよって生じると思われる。すなわち、大きくなっても濃度が増加しない種や個体では、成長に伴う取込みと排出が均衡しており、大きくなるに従い濃度が増加する種や個体では、取込みが排出を上回っていると考えられる。図4および表1から,大型の魚類を摂餌しているスズキなどの137Cs濃度が高く,動物プランクトンやマクロベントスなど137Cs濃度の低い餌生物種を摂餌しているマガレイなどは濃度が低い傾向がみられた
(中略)
日本沿岸域の海水と主要な魚類の137Cs濃度の経年変化を示した。図9では,1986年の旧ソ連チェルノブイル原子力発電所事故の影響がはっきり見ることができ、表面水中で高い濃度が観測されている(中略)魚体中の濃度でも1996-1987年にマダラやスズキなど一部の魚食性魚の試料において前年度に比較して高い濃度が観測されその影響が現れた可能性がある。

--------------------------------------------------------
時間があれば紹介資料をすべて読んでみることをお勧めしたい。

要約すれば、コウナゴ等の小魚やさらに大きい魚を餌とする魚の場合、生物濃縮が起こる可能性が高いということだ。資料の魚ではセシウム137の値は大きいものでも0.6ベクレル/kg程度なのに対し、先日のコウナゴは400ベクレル/kgを超える値が検出されている。いまの状況がどれほど異常か数字の上でも再確認できる。

チェルノブイリ事故ですら日本近海の魚に影響が出たとされているのに、海に直接大量の放射性物質を流して大きな影響が出ないということがあり得るのだろうか?

当ブログ関連記事
小魚への放射能汚染が明らかに-放射性物質を大量に含む汚染水の放出が始まる

魚への放射能の影響はないのか?
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

プロフィール

Author:Radioactivity999
放射性物質で汚染された食品の情報、および放射性物質で汚染されている可能性のある食品の情報交換を目的とします。

情報をお持ちの方からの情報提供をお待ちしています。

放射能汚染食品情報への情報提供はこちら

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
広告
GFT東京支店

無料コミュニティNOEL
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。