スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何を信じればいいのか?

独自記事

水道水や野菜、土壌、大気、海水などで放射性物質が検出されるたびに、
テレビで大学の先生が色々な説明で大丈夫と解説しています。

はたしてあの「大丈夫」は信じられるのでしょうか?
当たり前ですが、信じるかどうかの最終的な判断は個人に委ねられています。

※東大は東京電力からかなりたくさん寄付を受けているようです。
東京大学寄付講座・寄付研究部門設置調(部局別)(東京大学)

整理すると東京電力がお金を出しているのは、
建築環境エネルギー計画学  単独で1億4000万円
都市持続再生学       14社で1億5600万円
ユビキタス
パワーネットワーク寄付口座 3社で1億5000万円
核燃料サイクル社会工学   単独で1億5000万円
低炭素社会実現のためのエネ
ルギー工学寄付研究ユニット 単独で1億0500万円

※「水俣病」では魚や海は大丈夫と言っていたのに、大丈夫ではありませんでした。

御用学者(wikipedia)
水俣病問題のところを見てください。
他に水俣病(wiki)の「発見に関わる経過」の部分や、
田宮委員会腐敗アミン説などでググって頂くと、

学者やマスコミの言うことをただ鵜呑みにすることのリスクがわかると思います。

-------------------------------------------------------
※このブログの守備範囲外なのであまり詳しくは書きませんが、
いま国会で問題になっている初期のベントや現地視察の話ではこういう資料があります。

・緊急災害対策本部 3月12日00:30発表資料7ページ(首相官邸)
上記資料の全文(首相官邸) 直接のリンクは消されています。

2号機の話ですが
(予測)11日 22:50 炉心露出
(予測) 23:50 燃料被覆管破損
(予測) 24:50 燃料熔融
(予測) 27:20 ベントにより放射性物質放出
となっています。
この資料についての質問が12日03:12からの官房長官記者発表でありました。
官房長官記者発表(11:25秒頃からが該当質問部分)

管総理が視察に行ったのは12日の朝、実際のベントは12日の午後(1号機)です。
どういうことなのでしょうか? 
-------------------------------------------------------

この記事は、
東電のカネに汚染した東大に騙されるな!(INSIGHTNow)
の記載データを参考にしました。
参考記事の内容はやや乱暴であると思いますが、
寄附金のデータソース自体は東京大学のものです。

当ブログ関連記事
魚への放射能の影響はないのか?

チェルノブイリと健康への影響

3・11以降に我が身を守るための情報リテラシー
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

Radioactivity999

Author:Radioactivity999
放射性物質で汚染された食品の情報、および放射性物質で汚染されている可能性のある食品の情報交換を目的とします。

情報をお持ちの方からの情報提供をお待ちしています。

放射能汚染食品情報への情報提供はこちら

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
広告
GFT東京支店

無料コミュニティNOEL
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。