スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魚への放射能の影響はないのか?

4/6に加筆しました。
汚染水、海に流出…2号機ピットに亀裂(サンスポ)

独自記事
低レベル汚染水の放出が問題になっていますが、深刻なのはこれまで流失していた高レベル汚染水ではないかと思います。

リンク先の画像を見ると、相当の水量が流出していたように見えます。
流出していた高レベル汚染水には放射性物質のヨウ素131が、国の排水基準の1億倍となる1立方cmあたり540万ベクレル検出されています。

いま放出されて問題になっている低レベル汚染水は、合計1万1500トンで約1700億ベクレルの放射性物質が含まれるとされています。これと比較して流失していた高レベル汚染水の場合、32000立方cmつまり約32リットルで低レベル汚染水に含まれる放射性物質の総量を越えることになります。一般的なお風呂の浴槽の水量は200~300リットルです。

もう一度写真を見てください。2日に発見され(いつから流出していたかはわかっていません)6日早朝に止まるまでの間に、どれくらいの量の放射性物質が流出したのでしょうか?

当ブログ関連記事
放射性物質は魚介類の体内で濃縮される可能性が高い

4/5に加筆しました。
--------------------------------------------------------

福島第1原発事故 2号機取水口付近の海に流れる水から国の排出基準の1億倍のヨウ素131(FNN)

海水から濃度限度750万倍=ヨウ素検出、直接流出ピット付近-東電(時事通信)

(FNNより引用)東京電力によると、4月2日に採取した2号機の取水口付近の海に流れ出ている水から、放射性物質のヨウ素131が、国の排水基準の1億倍となる1立方cmあたり540万ベクレル検出された

(時事通信より引用)東京電力は5日、高濃度の放射能汚染水が海に直接流れ込んでいる2号機のコンクリート製立て坑「ピット」付近の海水から、最大で国の定めた濃度限度の750万倍、1立方センチ当たり30万ベクレルの放射性ヨウ素131が検出されたと発表した。

上記記事を要約すると、排出基準の1億倍の濃度の放射性物質がが数日間流れ続け、周辺海域の汚染濃度は基準の750万倍になっているということです。
乱暴な計算ですが、1立方cmあたり540万ベクレルのヨウ素が流れ出た先の海水に、1立方cmあたり30万ベクレルのヨウ素が含まれているということは、付近の海水では18分の1にしか薄まっていないということになります。

原発周辺の海水におけるヨウ素は既に相当程度の濃度になっているのではないでしょうか?

茨城沖水産物:水揚げを拒否…銚子漁港(毎日新聞)

福島第1原発:漁業関係者たちに危機感/茨城(毎日新聞)
--------------------------------------------------------
3/29に加筆修正しました。

水や土壌への放射性物質の汚染が止まらないようです。

土壌からプルトニウム検出 「人体に問題はない」福島原発(産経新聞)

第一原発の北側海水から高濃度ヨウ素 基準の1150倍(朝日新聞)

2号機、タービン建屋の外の水から高い放射線量を検出(ロイター)

報道から整理すると、
原発の周辺土壌ではプルトニウムが検出され、
周辺の海水では高濃度の放射性物質が検出され、
原子炉の外なのに、放射性物質の量が1000ミリシーベルト以上

測定できない水が見つかっているということです。

原発事故当初から問題ない、安全を繰り返している原子力安全・保安院は、
今回も健康への影響に否定的な見方を示しているそうです。
その理由は、放射性ヨウ素は半減期が約8日と短いことから
人が食べるまでには相当減っている」からだそうです。

「注意すべきは魚介類に含まれる濃度」ヨウ素1250倍検出で専門家(産経新聞)

では水に溶けやすいといわれるセシウムは?と聞きたくなりますが、
上記記事でも書かれているように、問題なのは実際に魚に含まれる放射性物質の濃度といえそうです。

原発から北に400kmの八戸港では21日から
震災後初の漁、八戸港で水揚げ(朝日新聞)

ホウレン草の出荷停止が続いている茨城県でも28日から
それでも海へ 大津・久慈・はさき、3漁協出漁(茨城新聞)

千葉県の銚子市でも28日から漁が始まっています。
初水揚げ 銚子活況 地元漁船が震災後17日ぶり(産経新聞)

銚子沖での25日の調査では汚染なしと発表されていますが、
注目すべきは、カタクチイワシで放射性物質を検出と発表されていることです。
(暫定基準値を大幅に下回っています)
これから大型魚への放射性物質の濃縮が進む懸念があります。
銚子沖水産物は汚染なし(産経新聞)

こうした漁港で水揚げされた魚介類は首都圏の市場に出回るでしょう。
もしかすると既に出回っているかもしれません。

売れ残った魚は練り物などの加工品に回される可能性も考えられます。
いまのところ市場で魚の放射線量を検査しているという話は出てきません。

日本近海の海流図(IPA:独立行政法人情報処理推進機構の海流図)

当ブログ関連記事
・紀文食品/生産工場・原材料産地
→練り製品の主な原料になる白身魚はスケソウダラと公式ページに記載有。

はごろもフーズ/生産工場

マルハニチロ食品/生産工場
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

Radioactivity999

Author:Radioactivity999
放射性物質で汚染された食品の情報、および放射性物質で汚染されている可能性のある食品の情報交換を目的とします。

情報をお持ちの方からの情報提供をお待ちしています。

放射能汚染食品情報への情報提供はこちら

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
広告
GFT東京支店

無料コミュニティNOEL
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。